効率よく身につける

ウーマン

日常に少しの変化を付ける

外国語を勉強するとなると、それだけで抵抗を感じる方も少なくありません。しかし日常の生活に少し変化を付けるだけで自然に勉強ができ、なおかつ効率よく身につけられるのです。例えば韓国語を例にして考えてみましょう。単語や文法を机に向かって勉強するとなると、気が遠くなる場合があります。しかし韓国語の基本を先に理解すると、その後の勉強もスムーズに進みます。文法は日本語とほとんど変わらないことや、ハングル文字にも一定の決まりがあることを理解するのです。基礎ができると後は上達するのみです。「習うより慣れろ」という言葉の通り、日常生活の中に韓国語を取り入れるようにして、耳と口に韓国語を慣れるようにします。韓国語のテレビ番組を流したり、歌を聴いたりして耳に慣らします。さらに目にする物を韓国語の名詞や表現を使って口に出すことでだんだんと慣れていきます。日常会話であればドラマや映画を字幕で見ることで、日常会話で使用する単語やフレーズを知ることができます。分からない単語はスマートフォンなど便利なアイテムで調べるようにします。そうしているうちに、生活の中で韓国語の占める割合が高くなっていき、最初の頃と比較していつのまにか韓国語が身についてきていることに気が付きます。結論として韓国語の勉強は、最初の時は基礎を理解する必要がありますが、そこができたら生活に変化を加えて取り入れることで自然と勉強が進み、結果として効率よい勉強ができていることになります。目的があればモチベーションも維持できるので、楽しく身につけられるようにしましょう。